入社2カ月の新入社員が考えるハーバーハウスのいいところ

入社2カ月の新入社員が考えるハーバーハウスのいいところ

こんにちは

ハーバーハウス長野支店
設計デザイン課の村山広樹です。

ブログを通して、4月の入社式からすでに2ヶ月
経過していたことに実感を持ちました。(; ・`д・´)

時が過ぎるのはとっても早いです。

緊張して、ガチガチになっていた入社式は
つい1・2週間前のことのように感じます。

さて今回は、「私が思うHHのいいところベスト3」
について紹介したいと思います。

第3位
「きれいなところ」
です。

お客様と打ち合わせするショールームはもちろん、
事務所もきれいです。

また、清潔感の意味の他に、整理整頓の意味でもきれいです。

ずっとブログを読んでくださっている方なら、
もう知っていらっしゃるかもしれませんが、
ハーバーハウスでは環境整備が徹底されています。

仕事をしやすい環境を整えて備えるのが環境整備!
ですので、いつでも上の写真の状態が保たれています。

おかげで毎日気持ちよく仕事に向き合っていけます。

第2位
「カッコイイとオシャレが両立しているところ」
です。

こちらは家の設計について打ち合わせする
ショールームの外観です。

お客様が足を運びやすく、
打ち合わせ中は気持ちよく過ごしていただくために、
色合いと植栽でカジュアルな雰囲気を作り出しています。

こちらがオフィスの入口です。

外観は黒の旗と白の看板でカッコ良く決めていますが、
中に入ると少し可愛らしい雰囲気になり、
社員が受付を行っています。

ちなみに、こちらの女性は私と同じく新入社員の和田さんです。

第1位
「先輩方が本当に優しいところ」!

何といっても気になるのは人間関係ですよね。

特にハーバーハウスへの入社を考えている方ご安心ください。
困ったとき上司に助けを求めると必ず助けてくださいます。

かなりタイムリーな出来事ですが、約1週間前、
長野支店で、新築を考えられている方向けに
個別でセミナーを開催しました。

これはその時の様子です。

写真に写っている方は、
長岡支店設計デザイン課の今井さんとお客様です。

実は今井さんとはこの時に初めてお会いしたのですが、
セミナーへの私の同席を快く許してくださりました。

このように、ハーバーハウスでは、
同じ支店内の先輩方だけではなく、
他の支店の先輩方も後輩をかわいがってくださいます。

以上、「私が思うHHのいいところベスト3」でした!

最後にまた趣味の紹介です。
今回は和太鼓です。

上の写真はぶちあわせ太鼓といいます。

発祥は神奈川県三浦半島で、
1つの太鼓を3人で入れ替わりながら打つのが特徴です。

豊漁祈願のため、村中で叩かれ続けているそうです。

また、ケンカ太鼓とも呼ばれ、競い合って太鼓を叩き、
勝った方にはその年の大漁が約束され、
負けた方は太鼓の皮を破られ、
海へ投げ捨てられてしまうという言い伝えがあります。

実際のところは、もったいないので、皮を破ったり、
海へ捨てたりすることはしないそうです(=゚ω゚)ノ

今回の投稿はこれで以上になります。

閲覧いただきありがとうございました。
次回の投稿もお楽しみください(@^^)/~~~