ハーバーハウスの業務内容と環境整備

ハーバーハウスの業務内容と環境整備

こんにちは!

ハーバーハウス建築部施工管理2課
藤本大賀(ふじもとたいが)です。

今回も、前回に引き続き、
私が所属している施工管理2課が
どのような業務をしているかをお話ししたいと思います!

前回までのブログは「発泡ウレタン吹付」という工程で
断熱性を高めていることについて説明しました!!

http://herbarhouse-blog07.com/post-9567/

今回は、ハーバーハウスがどのようにして
雨水から住宅を守っているかをご紹介します!

ハーバーハウスでは、
雨天時に雨水が建物内に入ってこないように、
「透湿防水シート」と呼ばれるもので住宅を守っています。

透湿防水シートとは、湿気は通すのですが、
水は通さないという特殊な素材
で出来ており、

住宅の中に湿気を溜め込むことなく、
木材や断熱材の乾燥状態を保ち、防水性を高めることができます!

現場監督はこの透湿防水シートが規定通りに施工されているか、
傷や隙間が無いかを確認しています!

話は変わりますが、私は先日、
同期の人たちと環境整備に関する研修を受けさせていただきました!

環境整備とは、オフィス内の清掃から、
備品の整理整頓、業務ルールの見直しなど、
私たちが働く環境をより良くしていくための活動です。

研修では、普段行っている環境整備について
チームディスカッションを行い、
同期の人たちと意見の交換をしたり、

実際に自分たちで目標を決め、
計画を立て、環境整備活動を実行しました。

普段の業務に活かすことができることを、
改めて学ばせていただきました!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!

次回のハーバーハウス新入社員ブログもお楽しみに!